力を抜く身体目指して古武術稽古中

脱力したら体は動かない、きちんと体を動かせた時力の存在は無くなる。そんな時力が抜けたといえよう。

ピアノ演奏者の重心線について

クラシックコンサートへは年に数回出かけますが、最近気になった演奏がありました。

ピアノコンチェルトでピアノ演奏者が舞台袖から現れた時に腰が引けた状態で歩いて出てこられたのです。

(私にはそう見えただけで、他の方はわかりませんが演奏が終わって妻に話すとそう言われるとそうかな~という程度)

腰でも痛められたのか、その様な状態で演奏出来るのか心配で見ていました。一応お辞儀は普通にされましたが、曲が始まりピアノパート以外の間、右手をピアノに掛け、左足の膝から下を後ろに引き身体を前後で支えている姿勢をとられている様に見えたので、演奏中ヒヤヒヤしながら聴いていました。

演奏は大曲をそつなくこなされ盛大な拍手を受けておられました。

難しい曲を淡々とこなすテクニックは素晴らしかったのですが、何故か私の身体に響いて来なかったのです。

ヒヤヒヤしていた事もあったのですが、演奏者の身体にも響いていなかったのでは?だから演奏者と共鳴することができなかったのか?といろいろ考えていると、演奏等人に響かせるためには、音楽性や演奏技術のほかに身体性が必須の条件ではないかと結論めいてきました。

今回の演奏のように身体性が低下した状態では伝わり方が弱まり、せっかくのパフォーマンスが減衰した形で伝わってしまう可能性がある様に感じたのです。

特に腰という中心が後方に崩れている状態は、座っていても身体が落ち着かず、安定させる為に身体が自然に力を入れて反射的に身体を緊張させる座り方になるはずです。

この緊張は、震わせ響かせる身体の邪魔になることは目に見えています。

緊張を取り除いた状態で演奏を行うには、重心線と身体を一致させる事。

物理的に当たり前のようですが、稽古を通じて本当に出来ていない事を経験します。

それは、自分でも知らないうちに身体が勝手に一致させようと頑張っている様子に気付くからです。この頑張りをほぼゼロにした時一致したと実感します。

 武術的身体を目指す上で身体の重心線は、重要な要素であり常に意識して捉えなければなりません。それは、重心線の位置に身体を維持することにより身体の重さを消す事ができるからです。

身体の重さが無くなれば、軽々と身体を扱えるイメージはできると思います。

重心線という実際には存在しない抽象的なものは重さもありませんので、その上に身体をきちんと合わせられた時本当に身体の重みが消える事が実感できます。

ただ、重心線はどなたにも何にでもあるのですが、きちんと当たり前にそこにしかない状態を作り出すことが難しいようです。つい力で維持しようとしてしまいます。

まして、動作を行えば必ず重心及び重心線は移動します。

この移動においてもつい力で行ってしまいがちです。力を出力することで重心線から身体が外れてしまいます。そこで重心線と身体の位置関係にズレが生じ、そのズレを補正するため新たに力を出力してしまうサイクルが出来てしまいます。

そうではなく、力を出力せず身体を動かす方法を取ることでズレを生じさせない動きとなるのです。

身体に力を入れて動かすのではなく、身体を支えている力を抜くことで重心線が倒れ掛かる様に動くと共に身体を捌く身体の動かし方。

イメージで言うと大木を切り倒す時に、無理やり引き倒すのではなく根元で楔形に切り込んだ方向に勝手に倒れる感じでしょうか。

大木であれば重心線と大木自体のズレはないはずですですが、ヒトはどうもグニャとズレてしまい易いようです。。

 

 

12歳腰が引ける姿勢は考え方にも現れる

知人の息子さんは新6年生で、身長がグングン伸びている様です。

また陽気な子で、大人の中にでも物落ちせず会話にドンドン入って、自分の想いを口にします。

私が小学生の頃は、大人と会話するのは、両親か学校の先生ぐらいで、そのほかの大人と会話しようものなら、オドオドしてしまい会話などにはならなかった記憶があります。

陰気な性格の者にとっては羨ましい性格です。

ただ気になる事があります。

その子は身長はあるのですが、体重も結構あり、クラスではおデブチームに属しているらしいのです。

どうもクラスにはスマートに物事をこなすチームとそうでないチームがある様で、彼の属するおデブチームは当然後者になり、事あるごとに劣勢の立場となる様です。

そこで彼にスマートになっておデブチームから卒業したらとアドバイスすると、彼は流暢な口調で努力してスマートになるメリットよりおデブのままの方が楽であり、努力しないで生きる方が有意義である事をサラリと言ってのけました。

ま、まあ・・・そんな生き方もあるか・・・と納得させられた様な、何か腑に落ちない感じが引っかかっていました。

そんな彼の立ち姿を見た時に気になった事があったのです。

直立しているにも関わらず膝がやや曲がっていました。

いつもそんな立ち方をしているの?っと聞くと、実は腰や足首が常に痛いと返って来ました。

当然です。立っている間スクワットをしているのと同じ状態で、脚や腰を触ると筋肉がパンパンに張っていました。

脚や腰にストレスのかかるこの立ち方は良くありません。

なぜこの様な立ち方になるのか?その一番の問題点は、腰が後方に引けている事であり、それに伴い自然に膝を折らなければ立つ事ができないのです。

腰が引ける体勢は、足腰に負担が掛かるだけではなく、色々なデメリットがあります。

致命的現象として動きの度に重心が後方に下がってしまいます。

例えば、普通脚を挙げて前に歩こうと脚を出すと、脚を出した方向に重心が移動します。

当たり前です。

だから、自然に無理なく身体が移動できるのです。

しかし、腰が引けた状態で足を上げると、脚を挙げた瞬間重心は一時後方に下がり、その後蹴り足の反力で重心を前方に修正する歩き方になるはずです。

これでは、人一倍地面を蹴らなければ前に進みませんし、体の重みが先に動かず常に動きの後から体が動き出すので身体が重く感じるでしょう。

その様な体をコントロールすることは結構大変疲れるはずです。

子供なのに

年配の方ならともかく、12歳でこれは良くないと思い、なんとかこの子の腰を引き出せる様アドバイス出来ればと考えています。

運動能力を高める条件は色々あると思いますが、武術の経験から重心の扱いが何よりも重要だと思います。

たいそうに言えば自分自身の存在イコール重心と言っても良いぐらい切実な存在です。

この重心を今よりも上手に扱える様になれば、考え方も前に向いておデブチームから羽ばたきたいと思ってくれるかなぁ・・・

武術的影響力を与える伝え方

ビジネスにおいてトップのビジョンが明確であることが重要です。

しかし、このビジョンがトップの中では明確にあってもそれが正確に周知されなければ意味を成しません。

明確なビジョンを持つ以上にその伝え方が難しい様です。

自分の熱い思いを語り周りを巻き込んでいく、しかし想いが上手く伝わらず、単純に思いをストレートに表現しても相手に伝わらないことが往々にしてあります。

武術的動作においても同じように自分の思い通りに動いたとしてもその動きが相手に伝わらず、相手が意図した動きにならない場面は多々あります。

それを力ずくで動かしても、こちらの真意が伝わったとはいえません。

力で相手を動かすのではなく、いかに力以外の身体の動きを総動員し相手の反応を引き出すかが武術的身体動作法の特徴だと考えます。

視点が相手にはなく自分にあるところが特徴であり、自然体といわれるところです。

一般的に言われている「自然体」が武術の稽古を行う上でギャップを感じることがあり、相手に影響を及ぼすためには相手を知ることから始まりそうですが、武術の場合は相手は二の次で、先ず自らの動きが明確であることから始まります。

自然体とは、ただ何もせず立っているのではなく明確な動きの一部分である。

しかし、そこでつまずきます。

自らの動きを明確にする事が出来ない事を知ります。

武術の型稽古は、受け手と捕り手に役割を決め型の手順を進めていきますが、ただ手順だけでは、捕り手の動きによって受け手が崩される状態にはなりません。

受け手が崩れて初めて技になり、捕り手の動きが受け手に伝わったことになるのですが、そう簡単には受け手は崩れてはくれません。

受け手が崩れないとつい力を強くして筋力で相手を動かそうとしてしまいますが、力ずくで相手を動かしても、そこには技の要素はありません。

力の出力ではなく、捕り手の動きが明確に受け手に伝わる伝え方を受けての反応で探りながら動作の修正を行っていきます。

その様な作業を延々続ける中で、自分の意図した動きと違う動きが相手に伝わっていることわかってきます。

その一つに物理的な外力が自分の身体に加わり、意図する動きと物理的外力が合成された動きが相手に伝わっていることです。

ですから、自分が思うように動いた結果相手には違う動きが伝わってしまっています。

そこで、自分の思い描く動きに物理的外力が影響されるであろう動きに作りかえる必要があります。

増してそこで力を入れると容赦なく物理的反力が生じ余計厄介なことになってしまいます。

自らの動きを明確にし相手に伝えるためには、自分の思いをストレートに表現しても相手には伝わらない。

それは伝わるまでに意図しない外力が加わることを意識しなければなりません。

目的となる動きを素直に表現しても相手には目的と異なる動きが伝わってしまいます。

自分が表現しようとする動きと自分を取り巻く色々な要素を一旦すべて取り込んで、自分の中で再編成した動きを導き出す必要があるようです。

 

武術的「相手の力を利用する」ビジネスとの共通点

ビジネスの世界で「相手の力を利用する」というとなにやらネガティブな印象を持ちそうです。

人の褌で相撲を取るようなイメージが先行するのではないでしょうか。

人が開拓した市場を自分の手柄にしたり、会社を乗っ取ったり、要領よく立ち回る姿が頭に浮かびます。

その様なTVドラマがあったとすると、初めは上手く事が進み濡れ手で粟だが最後には失敗に終わるのがパターンです。

武術的に「相手の力を利用する」をビジネスの世界に例えると全く逆の世界が見えてきます。

以前にも書いた様に相手の力を利用するとは、相手の力を引き出す事であると。

相手となるビジネスパートナーの力を引き出し、その力のお陰で自らが成功する、今流行りのウインウインの関係を構築する事が技の術理に含まれているのではないかと考えてしまいます。

武術の場合、相手の力を引き出すために先ず自分の制御を最大限行うことが求められます。

そして、最大限制御された動きは同調し一つの動きに集約され、動きがどんどんシンプルになり最終的には動きが消えてしまいます。

動きは消えますが作用は残るため相手は消えた動きによる作用に翻弄され自らが崩れ動くことになり、結果的に作用を受ける相手自らが崩れ動く事となります。

この術理は現代ビジネスに通ずる様に思います。

今も昔も人の能力を引き上げ、引き出す事は大変な事で、本屋に行けばマネジメント関係の書籍だけでも相当な幅を利かせています。

詳しくは存じ上げませんが、ホンダの本田宗一郎さんやソニー井深大さんはきっとビジネスパートナーの力を引き出す技術に秀でていたと思われます。

それは相手を動かす能力ではなく、自らが動く能力が高かったということ。

自らが動く能力とは、いろいろ動き回ることではなく、想い、ビジョン、方向性などが首尾一貫し、軸がブレず明確な動きが含まれます。

一貫し明確な動きは、ゆるぎないコンセプトを作り上げ誰にでもわかり易く伝わったに違いありません。

社長はそんな凄い構想があるのか、一丁その構想に乗ってみるか。

おやじの夢を是非実現させてやりたい。

トップダウンで情報が伝達されるのではなく、感化された周囲の人々が自主的にトップの思いやビジョンを汲み取り勝手に自ら行動に移すと、結果的にボトムアップの状態が出来上がるはずです。

ブレのないコンセプトはボトムアップの構造を持ちながら、トップダウンの命令系統が機能する理想的な形式です。

ブレのない軸(武術では正中線)を持つ人の動きが周りの人を巻き込ませることが出来るのは、軸が安定すればするほど軸の周りを回り易くなることは物理的に証明されています。

軸は出来るだけ動かない。すれば回りが動き易くなる。

逆に軸がぶれると回り難くなることは当然起こります。

回りが必然的に動いている様は自発的に動いている様に見えるし、動いている本人も自発的に動いていると勘違いしているが、それは軸がきちんと安定しているからであり、軸がきちんと安定していれば、勝手にその軸の周りに回りだすことは自然の成り行きです。

ビジネスでの成功者は、どっかり構えているのではなく、軸としての機能を果たすことにより回りが動き易い環境を創りだし、そしていつの間にかその軸の周りを人が動かされている状態こそ、相手の力を引き出していると言えるのではないでしょうか。

 

 

 

武術的「相手の力を利用する」介護との共通点

武術における相手の力を利用するとは、相手の力を引き出す事であると前回お伝えしました。

この方法は、介護現場においてもきっと使われていると思っていたら、TVでアイコンタクトの話がありました。

普段は介護を拒否する事がある認知症のお年寄りが、介護の達人にかかるとニコニコ素直に対応する事例を科学的分析と称して色々細かなデータを紹介していました。

視線の合わせ方で相手の態度が変わり(認知症の方でも)、相手の力を引き出した状況を作り出す事が出来るのです。

武術においても介護においても、相手が自発的に動く状況に持ち込む事は共通しています。

そして今回紹介していた「相手の目を見る」事です。

人と話をする時は、相手の目を見て話しましょうと教わった事があります。

それは、相手の話を聞き入れている態度を示しています。

しっかりと相手の目を見て話す事は話の内容だけではなく、話以外の情報を視覚や聴覚から得る事で相手をより受け入れようとする態度と取る事ができます。

そして、話の意味を理解して、その人の話と視覚などの五感から得た態度を総合的に判断してその人が思う意図を探ります。

特に目の周辺の動きは情報が溢れています。

ちなみに、新聞の一面にノーベル賞受賞者を囲むフォーラムの記事があり本庄佑さんと山中伸弥さんの写真が掲載されていましたが、お二人とも知性が溢れています。

きっとフォーラムに出席していても話はチンプンカンプンで理解できないでしょうが、五感から知性を感じ取る事ができます。

特に目や眉間周辺の雰囲気から彼らの頭脳を表している様に思えます。

この目や眉間の周辺は思いや考えが表に現れ、なんとも言えない雰囲気が現れる部位だと思われます。

このスポットに意識を集中する事で、相手の意識や無意識、心の奥底にある思いなどとリンクし易くなるのではないかと考えます。

武術において、相手と対峙する時お互いが相手を取り合います。

相手を取るとは、相手の状態を察知し出方を伺い自らが有利となる様に仕向ける態度とも言うのでしょうか、お互いの関係性を示します。

相手の状態を察知する時、色々な感覚を駆使して相手を捉え、目に見える情報ではなく五感で感じ取る情報を優先します。

その感じ取った情報を頭の中でイメージ化した時に目に見えていなかった物が頭の中で見えて来ます。

それが正中線と云われる身体に通る線の様な抽象的なラインが浮かび上がって来るのです。

そしてお互いがその抽象的な線を取り合い、自らの線を相手の線に割り入る事で相手を崩し、隙を作ります。

この正中線の攻防が武術における相手を取ると言う行為と理解しています。

目に見える情報ではなく、目には見えないが確かにある情報を汲み取り、自らの身体を操作し相手の隙に割り込む事で相手を制御します。

その行為が相手の力を引き出す原動力となるのでしょう。

介護においても、相手の目を見た時に目からの情報を得るのではなく、目線を合わせる事で自分の線と相手の線を一致させることが出来るはずです。

一致すれば、その線のどこからどもまでが自分の線なのか相手の線なのかわからなくなるでしょう。

そしてその線は、逆に共有の線となりお互いが相手を理解し合える一心同体の状態に陥る事になるはずです。

この状態は、痴呆であれ違う生き物であれ生物同士なら成り立つ様に思います。