力を抜く身体目指し古武術稽古

脱力したら体は動かない、きちんと体を動かせた時力の存在は無くなる。そんな時力が抜けたといえよう。

古武術の歩法は床反力を相殺する歩き方

この秋自宅がマンションから木造二階建てに変わりようやく落ち着いてきました。

どちらも一長一短ですが、フラットなマンション居室と上下階を階段で行き来する一戸建ては前者の方が楽ではありますね。

そして木造二階建てで気になる事が一つ。

一階ではあまり気にならないのですが、二階にいる時に横を通る妻の足音がやけに気になります。

私は神経質でもないし、彼女がドタバタ歩いているわけでもないのですが、木造の性質上やや響きます。

だからと言って響いてうるさいと云うわけでもないのですが、意識がそこに向いてしまうのです。

古武術稽古における歩法は、最重要課題と位置づけされ基本中の基本です。(基本イコール極意)

脚を出す事がそんなに難しい事だったと気づいたのは最近の事で、脚を出す事により重心の移動や体幹や上肢との間合いなど考えだしたら歩く事など出来なくなってしまいます。と言って歩かないわけにもいかず、いい加減な歩き方をしているとその歩き方に対してなんとなく気持ち悪い感じが沸き起こり、なんとか改善したいのだがなんともならぬジレンマを感じながら歩いていると歩きたくなくなります。

ポジティブな考え方をすれば、いい加減な歩き方が意識下に上がり改善の糸口が見えてきたという事は、良くないところ、問題点が明確になってきたと捉えるといずれ良くなる兆しも現れるだろうと自分を慰めています。

今歩法の中で意識的に取り組んでいる稽古に床からの反発力を積極的に消す作業です。

物理法則における作用反作用は、日常生活において実感される事はあまりないと思われます。それは、あまりにも当たり前な物理現象のため気づかない事が要因だと思われます。

普通に歩けば必ず反力が生まれます。

脚が床を押さえれば、床は同じ力押し返し同じ力だから接地した時動いていない。

この反力は余りにも当たり前すぎて気づきにくいですが、自分と地球の関係性を常に実証してくれています。

自分がどう思おうが反力が地球上にいる自分を実証している。

よく自殺願望の少年少女が、自分なんて誰も見ていない認めてくれないと嘆く事がありますが、地球は必ずその存在を認め反応している事が実感できれば、「誰も自分の存在なんて」など言っていられないほど存在感満載である事が実感できるでしょう。

自分なんて居ても居なくても何も変わらないと思うのは、本人が自分の存在に気づいていないからだと古武術をしていれば必ず思います。

ヒトは一般的にこの外力を感じ取り、そしてその力が個としての存在感を作り出して、それに対して対応や反応を起こします。古武術では、この外力を相殺し自分の存在を消す作業として地球上に居ない事にする作業を試みます。

余りにも当たり前な自分の存在はそう簡単には消えず、自分の存在が消す事ができないという事が実感できれば、自殺云々悩んでいるいる暇はありません。

いにしえの侍は、そこまでして存在を消していたという事は誰かに消される前に自分で存在を消せば、消される事はない。そんな事を想像してしまいます。

地球上から自分の存在を消すことで身を守る。侍はそこまでして身を守っていたと。

普通に身体を地球に預けていたら必ず反力は生じるので、普通以上に積極的に身体を使い駆使し動かして反力を相殺する動きを生み出すさなければならない事にようやく気づきました。

言葉にすれば、「そこまでするのか」という感じでしょうか。

たまたまTVを見ていると映画監督の周防正行監督のインタビューを見たとき作品作りに同じような事をおっしゃていました。

作品の意図を伝えるために、自分の思いを他人に聞いてもらい伝わるまで徹底的に表現方法を考察する様なことを語っていました。

人に影響を与えるためにはそこまでしなければ伝わらないのか、そんな思いです。

逆に人への影響を消すためにもそこまでしなければ消えないということも言えます。

身体を最大限使い、そして反力を感じる。対峙する相手に対して身体を使うというより地球に対して身体を使う。

その影響が相手に伝わらなければ存在は消える。

自分が向き合う相手に直接向き合うのではなく、地球に対して向き合った結果が相手に伝わる。そんな間接的動作が影響力を生む様な感じがしてきました。

 相手に影響力を伝えるためにあえて違う方向にエネルギーを向けると相手に意図が伝わる事が実感される今日この頃である。

そんなとき、自宅二階で妻の足音を聞いていると、いにしえの侍の佇まいは、運動のエネルギーが音のエネルギーに変換される事はないのだろうと想像すると、さぞかし静粛な空間であっただろうと想像します。

 

ラグビーのフィジカルとは対照的な武術の神経力

 いよいよラグビーワールドカップが佳境に入ってきました。日本の善戦ににわかラグビーファンになった人は多いはず、私もその一人です。

特にスクラムの力強さに目が奪われました。

組み合った瞬間の衝撃力は、一万ニュートンを越える事もあるそうですが、一万ニュートンは、軽自動車が時速20〜30km壁に衝突した時の衝撃と同程度という新聞記事を読み、何回交通事故起こしとんねんとツッコミを入れながら、それでもプレーを行うラガーマンの身体能力(フィジカル)には驚きを隠せません。

まして専門のスクラムコーチを招請し、日本のスクラムは精密機器のように8人全員が頭や腕、足の置く位置を数センチ単位で調整し、膝の裏や足首の角度はそろえ、スパイクの突起を何本地面に刺すかという細かなところまで正確に意識して組んでいると書かれていました。

少しでも形が崩れれば密着度が下がり、全員の力を相手に伝えることが難しくなるのだそうです。

「形が崩れれば、力を相手に伝えることが難しくなる。」

これは、400年前から武術の世界では周知の事実として認知され、武術の稽古はもっぱら形に拘り構えを創ることに全力を注いできました。

武術の世界には、「形が技を助ける」という言葉があり、形や構えの重要性が理解され、そしてこの形は型稽古を通して代々養われてきたのです。

形や構えといわれる静止した状態は、静止した状態では創ることは不可能であり、静止した形や構えは、型動作の動きの中で培われ結果的に出来上がるものと理解しています。

そして、型動作はいくら頑張って動いても動作の基本となる形や構えが出来ていなければ砂上の楼閣となります。

「静」を創る為に「動」を養い、「動」を創る為に「静」を養う必要があるように思います。

「動」の結果となる技や術を養うためには、「静」の形や構えが出来ていなければなりません。

これら形や構えが精密であればあるほど技や術の精度が上がり、精度が上がれば上がるほど力を相手に伝える伝達能力も格段に上がります。

格段に上がった伝達情報は、ノンストレスで相手に伝わります。

ノンストレスすなわち何の抵抗も感じない情報は、情報としての情報を有していないことになります。

武術では、この情報を有しない情報が非常に重要な役割を果たします。

ヒトは、外部情報を基に身体を制御し、その上に自分の意思を乗せて動いています。

よく自分の身体は自分が制御し意思どおり動いていると思われている人が多いと思いますが、実際は自分の意思が関与する割合はごく僅かで、ほとんど身体を動かすための制御は意思とは関係のない自律神経が環境等を考慮し自動的に身体を動かしているとされています。

武術の「術」は、人の意思に対してアプローチするのではなく身体のほとんどを制御する自律神経系にアプローチすることで成立しているように思われます。

 身体を制御する自律神経に対して情報を意図的にコントロールするのです。

情報を意図的にコントロールするとなると、何らかの情報や刺激を加えることにより影響を及ぼす様なイメージがあるかもしれませんが、その逆で意図的に自律神経が行う姿勢制御システムが必要とする情報や刺激を極力カットすることで、入力系の混乱を起こさせることを目的とします。

自立神経は経験的に環境や状況に応じて身体を維持制御を行っていますが、年数と共に経験的刺激が強化され、「その刺激に対してはこの反応」とパターン化する傾向が強くなります。

パソコンのcookieのように使っている情報はより効率よく動作できるように。

環境に応じてパターン化された反応は、入力される情報はひとつではなくいろいろな情報がセットとなり入力されそれに対して反応を起こします。

たとえばパンチを受ける際、腕の振りの速度や方向、腕っぷしの太さなどいろいろな情報からどのようなパンチが飛んでくるか、過去の情報に照らし合わせそれぞれの情報をセットにし総合的に反応を行います。

ヒトは、経験的にパターン化した反応を行い効率的に身体を制御しています。

武術の「術」はこのパターンの情報や刺激の削除によりパターンを崩し、入力系の混乱を起こさせます。

置かれている環境の情報を省くことでパンチの腕の振りが、思ったより速く来たり、相手との間合いが取れなくなるなど、過去の経験則と照らし合わせると誤差が生じてしまうシュチエーションが出来上がる状況を作り上げます。

今までならこれぐらい距離をおけば安全であると思われる距離が、以外と近かったり、今までの経験よりその速度でパンチが飛んできたら避けられるのに避けきれない状況に陥ってしまう。そんな誤差が生じてしまう結果を作り上げます。

これらの結果を作り上げるためには、一般的な動きよりも動きのショートカットが必要になります。そのために無駄な動きをそぎ落とし、動きを単純化していきます。

その最たる動きは、一調子そして一動作で動きが完結することなのです。

 ラガーマンのフィジカルは大したものですが、鍛えていなければいずれ弱ってしまいます。しかし、武術の動きは、体力や筋力に頼った動きではなく神経活動の変換による特殊な動きを行い、体力や筋力ではない神経力を高めた動きと言えると思います。

「心技体」は一致して初めて意味をなす

武術より創り出された「心技体」は文字通り心と身体と技の在り方を現しています。

これらの文字の意味を理解しようとする時に現代日本人は、それぞれの文字の意味を見出そうと分けて考えます。

分かりにくい事は分ける事で分かり易く整理する習慣があります。

そして、それぞれの文字の意味を独自に解釈し、それぞれが重要であり、どれが欠けてもバランスを崩しても良くはないと説かれています。

その通りだと思います。

ただ、文字にすると「心・技・体」となるのではないでしょうか。

「心技体」と「心・技・体」の違いが大変重要でそこに意味がある様に思います。

心と技と体をそれぞれ究極に鍛え上げても、心技体にはならないと。

武術では心技体をそれぞれを繋ぎ合わせた物をバランスよく創り上げるのではなく、一致させる事が稽古の眼目です。

打とうと思った瞬間既に相手を打っている。打とうの「う」の時点で動作が完了し相手に到達している。

心が「う」の時同時に体は打ち終わった態勢となり、その時が技であり心技体が一致したと言えます。

心で思った瞬間、同時に体は動作を遂行している状態が技なのです。

それぞれを鍛え上げ繋ぎ合わせた物とは、似ている様ですが全く違うものと言え、繋ぎ合わせた物が技になるかと言えばならない様に思います。

全て一致させる事が難事であり、それぞれを鍛え上げ繋ぎ合わせた物とはそもそも全く別次元のものとなります。

一つのものを一つのものとして、わからないものをわからないものとして稽古に臨まないと、自分なりに解釈しだしてしまうと本質が見えなくなってしまいます。

「心技体」の具体例を挙げると、武術には拍子がありません。

スポーツなどではリズムや拍子をとり動きの流を作る場合がありますが、武術でその様な事をすれば動きが読まれてしまいます。

理想の動きは、一動作一調子で完結すること。

そこに付け入る隙はありません。

隙を作らない動作を心がけるのではなく、動作を究極に削ぎ落とす稽古を行い無駄や非効率な動きを削ぎ落としていくと隙が生まれないのです。

「心技体」の「体」において特に動きの角を削ぎ落とすよう細心の注意を払います。

動作、動きに角が出来るとその部分で一旦動きが止まってしまい、動作が分離してしまいます。

分離された動きは、二動作、三動作と動きが増えて動作の境目が明確になり前の動作と後の動作の動きの違いを比較することで動きを客観的に捉えることが出来ますが、角の取れた動きは初めから最後まで連続した一つの動きとなり動きの比較が出来なくなります。

先の動きより早くなったのか遅くなったのか、どのように方向が転換されたのか、力が強くなったのか弱くなったのかなど、動きの比較が出来ないとどの様に動いたのか認識できなくなります。

認識できない動きは、動きに対して対応する事が出来ませんので、反応することが出来ないことになります。

「心」においては、精神や気持ちというよりも上記の様な動作をコントロールする神経系統の制御能力だと思います。

剣術における素振り動作においても、振り上げている動作の中ですでに振り下ろす筋肉が発動されているように、それぞれの筋肉に動作が途切れないようにまた、角が出来ないように逐次神経を発動させ筋肉を連続させ一連の動きを行います。

その動作は、一般的な筋肉の動かし方ではない動きを神経の疎通を変換させる事で一般的な動きではない「技」の動きを芽生えさせるのです。

技はアクロバティックな事が出来るのではなく、心技体を一致させる事ですべての条件を一つに集約し一動作一調子ですべて完結させる事が技の様に思われます。

そこが難しいところで、それを一致させる為に稽古を行なわなければなりません。

ポルシェのような身体と身のこなしは技術の最先端

以前門人だった一人がポルシェ(余り詳しくないのですが確かケイマンS)オーナになり一度乗せていただいたことがありました。その時いろいろ薀蓄を聞いた中で印象に残った言葉がありました。

「まるで先生(師)のよう」

始めは何のことだか判りませんでした。

言った本人も言葉にならず、感覚的に「なんかこうカチッとしてる、固い感じ」を「まるで先生(師)のよう」だと表現されました。

普段から、力を抜き、柔らかくぶつからない動きを念頭に稽古を続けてきた中でカチッとした固い感じが師の動きとリンクすることが出来ずピンと来なかったのです。

そこでふと「ポルシェ ハンドリング」でググッて見たところ下記のような記事を見つけ感心してしまいました。

ハンドリングについてはとにかく「正確」としか言いようがなく、いったいどうやったらこんなに曲がる車ができるんだろうな、と思えるほど。
FRのようにフロントに荷重を乗せずともミドシップ特有の回頭性の良さを見せてクルリと回り、911のようにアクセル操作に気を使うこともなく、「楽しく」右に左にと身軽に舞うことができるクルマですね。

ステアリングで感じた「精密さ」はブレーキ、アクセル操作においても同様。
ポルシェはまさに「アクセルを踏んだら踏んだだけ加速して、ハンドルを切ったら切っただけ曲がって、ブレーキを踏めば踏んだだけ止まる」クルマ。

実に単純明快ですが、それでも世の中のクルマの多くはこれができない、とぼくは認識しています。
アクセルを踏んでも加速しないクルマもあり、逆に出だしはグワっと出てもそこから加速せずに「あれれ」な車があったり。
ステアリング操作も同様で、ほとんどの車は(安全上の理由からか)アンダーステア
ブレーキングも同様で「想像した位置で止まらない」クルマがほとんど。

ただしポルシェの場合は完全に自分が思った通りの、そして自分の感覚と相違のない動きをしてくれるわけですね。
これが徳大寺有恒氏が言った「ポルシェという車は、そこへ行こうと思った時にはもうそこにいる車である」ということで、まるで自分の体のように、意識した時にはもうその動作を完了しているクルマである、と考えています(ポルシェを”着る”という表現があるが、それもよく理解できる)。

ただ、その身のこなしがあまりに自然であるためにその素晴らしさに気づかない場合も多いと思われ、とくに「初めてポルシェに乗る」人は普通すぎてなにも感じないかも。
しかし他の車で同じ道を同じように走ってみれば必ず718ケイマンは「実は他の車にできないことができる車だった」ということに気づくはずだ、と考えています(そう、ポルシェは他の車がとうていできないことを普通にやってしまう)。http://intensive911.com/?p=130384

彼が言いたかった「カチッと固い」とはこの事だとようやく判ったのです。

とにかく「正確」としか言いようのないハンドリング、「精密さ」はブレーキアクセル操作も、ポルシェはまさに「アクセルを踏んだら踏んだだけ加速して、ハンドルを切ったら切っただけ曲がって、ブレーキを踏めば踏んだだけ止まる」クルマ。

当たり前といえば当たり前なのですが他車にはない正確かつ精密さを現し、これらの動きを身体に当てはめて表現するとカチッと固いと言う言葉になったのです。思いと動きが一致している状態は一切の無駄な動きがない。

一般的には脳で命令してから動作に至るまでに必ずタイムラグがあり、またコントロールが甘いと動きにロスが生じ命令どおり動作できず動きのむらや無駄が起こります、一般的動作はこの当たり前のような、正確で緻密な動作は普通ほぼ出来ていません。

 

また徳大寺有恒氏が言った「ポルシェという車は、そこへ行こうと思った時にはもうそこにいる車である」完全に自分が思った通りの、そして自分の感覚と相違のない動きをしてくれる。

これは身体動作で言うところの「術」の部分であって、術者が打とうと思ったときにはすでに相手に到達している状況と全く同じであり、自分の感覚と動作が一致している状態ですが、普通は打とうと思ってから動作が始まりますので必ず命令から動作までタイムラグが生じます。

 

そして、その身のこなしがあまりに自然であるためにその素晴らしさに気づかない場合も多いと思われ、とくに「初めてポルシェに乗る」人は普通すぎてなにも感じないかも。

この部分が端的に武術の「術」を言い現していて、その身のこなしがあまりに自然であるためにその素晴らしさに気づかない場合も多く、とくに武術の稽古をしていない人は普通すぎてなにも感じ取れない事があります。

ポルシェも武術も表面から見ているだけでは素晴らしさは気付きません。

車に興味のない人にポルシェを見せても、早く走っているだけにしか感じず、武術に興味のない人に技を掛けてもなぜ崩れたか理解できずそれだけで終わってしまいます。

何も感じず何も見えませんが中に隠されているシステムを見て知った途端技術の結晶が見えてきて深く見るほどその素晴らしさが実感出来ます。

しかし、技術が進歩すれば人と技術のインターフェイスが曖昧になり、技術の存在がより消えて見えなくなる傾向は益々強くなります。

実に単純明快であまりにも当たり前の事が技術であり、見えないもの、表には表れないもの、でも確実に有るもので、気付かなくとも技術の影響を受けているのだと再認識できました。

 

 

 

人とぶつかり合わない技術

イタリア音楽留学された知り合いの印象に残った話がありました。

留学先で日本人の彼女は自己主張が弱く、他国からの留学生にアピールに負け、大事なところを幾度となく持っていかれたそうです。この話はたまたま彼女が個人的に内気と言うよりも日本人の一般的感覚ですが、どうも他国では通用しないウィークポイントのようです。

その点他国からの留学生は、一瞬の時間にも自己を主張する習慣があるらしく、口を開けば自己肯定の話ばっかりでウンザリしていたそうです。

今の世の中、自己主張の強い者が勝ち、弱い者は存在すら認められない、そんな風潮がグローバルスタンダードになり、世界の常識となっているようです。

ですから、日本人の彼女は分が悪いと言える。

のでしょうか?

他国の留学生の様にもっともっと自己主張を習慣づけるべきなのでしょうか?

それぞれが自己主張し、主張の強い方が認められる。そんなグローバルスタンダードに追随しなければ今後日本人は世界から取り残されるのでしょうか?

そこで主張が負けないように頑張って相手以上の主張を行い、主張をぶつかり合わせ相手をねじ伏せた方が勝ちとなるパワーバランスは、力が強いほうが有利となるスポーツの世界と同じようです。

「頑張って相手に勝つ」この形は現代の常識です。

「人とぶつかり合い強いほうが勝つ」同じ意味合いになると思います。

 

今時、古流と言われる武術を稽古していると上記のように自己主張が良しとする考え方では、武術の習得には馴染まない様に思うのです。

侍のたしなみとされる武術は、我を出せば顕在化しそこが狙われる、右手で剣を抜けばそれを咎められ切り落とされる世界なのです。

頑張るの語源である我を張る様な動きを行えば、相手に見透かされ動きを止められてしまう、あるいは行った動きに対して裏を取られるなど不利になることばかりなので、武術では相手に干渉しないように動きを相手に伝えない動きが求められます。

稽古では、相手にぶつからない動きを心がけます。

例えばぶつかるとは、廊下の角で出会いがしらにぶつかる場合があります。

このとき、お互いに外力が加わり一瞬動きが止まってしまい、そして状況に応じて身構えます。人は外力(ぶつかり合う力)に対して身体を護る動作を行います。ですから人は力が加わった時点で身を守る為に身体を固め外力に対して抵抗します。

相手に対して何かしようとか、技をかけようとか思ったり行った時点で相手はこちらの力を拒絶し自らの身体を護る仕草も同じです。

抵抗されたり拒絶されても、それ以上の力でねじ伏せると言う発想は武術にはなく、抵抗されない様に、拒絶されない様にする為にはどの様な力が必要なのかを考えます。

そこにぶつかり合わない力の伝え方が養われます。

相手を取る際も強く握り取れば、相手も相応の力で対応します。

そこで力の均衡をお互いが自然に取り合い、膠着が起こり結果的にぶつかり合う状況に陥りこの状況を打破する為に一般的には力を強めてこの均衡を崩します。

しかし、武術的には力が均衡しぶつかり合った場合(初めからぶつからない様に心がけるのですが)力を強めて均衡を崩すのではなく、力を抜く事でお互いの力関係を崩し自らが有利な態勢づくりを行います。

ぶつかり合うとは、お互いの力関係が拮抗しているから状況が膠着するわけですから、この力関係を崩せばぶつかり合う事はありません。

ただ、力関係を力を抜く事で均衡を崩す場合ほとんど上手くいきません。

 それは、力を抜くと自らの身体が崩れるため自滅してしまいます。

均衡が取れた状態から自らが崩れてしまえば当然相手が有利になるわけで、力を抜くことで自らが有利となる状況を作り出すことが難しいのです。

日本人は文明開化以前までその様な事を考え試みてきたと思うと、「頑張って相手に勝つ」などは近年での発想であり、日本人にとって馴染みの薄い違和感のある行いではないかと思ってしまいます。

もしかしてイタリア留学をした彼女は侍の末裔だとすれば 、ぶつかり合わない様に稽古をして来た動きや考え方がDNAの中に残っているかも、そうであればグローバルスタンダードに馴染みにくいこともわかるような気がします。