力を抜く身体目指して稽古中

余計な力はパフォーマンスの邪魔になる、無駄な動きを省いてシンプルな身体の使い方を目指そう

ブラック企業ならぬブラック身体

ある方の職場のお話を聞いて、思わずブラックじゃないですか?と言ってしまった。

その方も否定せず、内部でも自分の部署を言うと、少し間が開いて「・・・ご、ご、ご苦労様・・です・・」とだけ返ってくるそうです。

つい最近も部署の方が長期休養に入られたそうで、その方の仕事が丸ごと抱え込むことになったそうです。

ただでさえ一杯一杯の状態なのに、その上人の仕事を引き受けるには物理的に無理があるのは解っていてもこなさなければならない事が現実のようです。

組織を維持する為に人がばたばたと倒れていく。

その方が、野戦病院のようだといったことが印象的でした。

職場という組織のように、身体も一つの組織で構成されています。

この身体の組織も一杯一杯になればブラック化することもありえるのではないでしょうか。

例えば、身体の運動機能だけを取り上げてみると。

身体は筋肉で動かされるので、筋肉が健全に動いていれば身体は不自由なく動作することが出来ます。

しかし、一見スムーズに動いているように見えても、本当に身体が機能しているかどうかはわかりません。

身体を動かすための筋肉は約400程あり、260程の関節を動かしているそうですが、一流のパフォーマーでもすべての機能を使い切っているとは思えません。

しかし、より多くの筋肉や関節が機能していることでしょう。

一般的に見た場合、やはり子供の頃は身体も柔らかく運動が機能し易い状態でポテンシャルも高いですが、やがて年齢と共に身体も硬くなり運動機能も低下してきます。

単純に子供の頃はよく動くが、大人になると動きが鈍くなります。

まして便利な世の中に暮らす現代人は身体を動かさない(楽をする)ように工夫しますのでどんどん運動機能が低下するように思います。

そんな時、400の筋肉のうちどれ程の筋肉が機能しているのでしょうか。

病気や怪我でなくても身体を動かさなければ、筋肉は鈍ってしまい収縮する機能が衰えてしまいます。

気がつけば半数程度の筋肉しか機能していないということもありえるのではないでしょうか。

200の筋肉で260の関節を動かすようになれば、今後の年金制度のように破綻してもおかしくはありません。

潰れることはないにしても、機能不全となり思うように動作できなくなることは想像できます。

病気や怪我もなく見た目にも問題がないように見えても、中身が半分しか機能していなければ身体が動かしにくいはずです。

ただ、鈍った筋肉は病気でも怪我でもないので顕在化しにくく、自分自身でも存在を認識することは余りありません。

なぜなら鈍った筋肉は、自己主張しないし存在を隠そうとします。

例えば職場だったら仕事をした振りをしたり、綱引きだったら綱を引いてる振りをするのに近いように思います。ですから一目見ても解らないのです。

その様な筋肉が一杯ある身体は大変です。

精密検査をしても異常がなく、ケガをした憶えもないにもかかわらず身体が痛んだり、思うように動かない。

そんな状態に陥る場合がある時は、身体を動かすための筋肉が鈍ってしまい機能が低下した情況に陥っているかもしれません。

 動いている振りをしている筋肉が多い身体は、疲れやすいでしょうね。

ブラック企業のように体裁はしっかりしているものの蓋を開けてみたら疲弊が蔓延している状態と変わりありません。

外から見たイメージでは中身はわからないものです。

知らぬ間に自分の身体自身がブラック化している事もありえるかもしれません。

外向きだけでなく、たまには内に向けてお伺いを立てることも必要だと思います。

 

 

 

 

マリンバのマレットやピアノの鍵盤ををまっすぐ真下に落とす事は結構大変

先日マリンバを最近始められて、近々発表会がある方の話を聞いて感じた事があった。

発表会前なので、先生に大きい音を出すために「マレット(スティック)を真っ直ぐ落としなさい。」と指導されたそうです。

ただ、もっと力イッパイとおまけ付きだったそうですが。(汗)

私はマリンバを触った事はありませんが、大きい音や音を響かすためには、鍵盤に対して真っ直ぐマレットを当てる事は素人でも理解できました。

それは鍵盤に対して直角に当てる事が一番自然な感じがするからです。

ただ、真っ直ぐ落とす事は、以外と難渋な作業である事はあまり知られていません。

棒を真っ直ぐ振り落とす事など誰にでもできる、たわいもない事だと思われるでしょうが、これが結構大変です。

なぜなら、棒を振り落とす前に腕を落とさなければなりませんが、腕は肩関節に接続し回転運動を行います。

肘も上腕に接続し前腕の曲げ伸ばしの回転運動と内外回転を行い、手首も主に上下の回転運動を行う関節です。

上肢の運動は、回転運動が主になるので、単純に直線的な運動がやりにくい構造なのです。

何気なく真っ直ぐ振っているつもりでも、厳密には直線運動に近い回転運動を行っている事になるのです。

まして、初心者など演奏や動作の慣れていない動きを行うときには、肩に力が入ると支点が固定され、より明確な回転運動が起こり鍵盤を擦ってしまう結果となるのでしょう。

このとき、マレットが真下に掛かる縦方向の力とは程遠い横方向への力が強くなるので、鍵盤に対する力は弱められるはずです。

このような運動構造でいくら力をイッパイ入れても、鍵盤に対する力は増えず力が横に逃げるばっかりで、鍵盤に対して力が増える事なないのではないでしょう。

この運動構造はピアノの演奏でも云えるのではないでしょうか。

自分では、鍵盤を真下に落としているつもりでも、構造上回転運動が起こり鍵盤を擦ってしまう結果となっている事がありそうです。

では、真っ直ぐマレットを落とすにはどうすれば良いのでしょう。

一番理想的な操作は、マレットを手から離す事です。

ピアノであれば指を切り離す事。。。。

必ず真下に落ちます。

しかし、現実的ではありませんので、マレットを手から離すように、またピアノの鍵盤に指を切り離したように落とす(押さえるではありません)事ができれば、自然法則に近い動きが出来ている事になるのではないでしょうか。

素直に動作すれば地球の重力に従い絶対真下に落ちるのですが、それでも、云うようにはいきません。

押さえなくては音が出ないとか、強い力=大きい音などの概念が頭の中にはびこっていると、無意識に力で操作してしまいます。

これらのような力が、回転運動のきっかけとなり、理屈では真っ直ぐ落とさなければいけないと解っていても、現実の動きは力で押さえつけてしまう動きとなる事があるでしょう。

 

自然法則により近い動きを行うためには、腕や道具が自然の摂理から反しないように邪魔の無いように身体を捌かなくてはなりません。

このとき、力の存在や力の実感は生まれないはずです。

 

 

 

 

 

 

 

 

肘の使い方

振り出しに戻ってから二ヶ月が過ぎた。

やはりよほど意識しないと肘がゆるい感じがして、完全に伸びているとは言えない状態が現れる。

稽古の過程は大阪から東京へ向かう道中静岡あたりで引き返し、またようやく京都に入ろうかとうい感じだろうか。

普通なら心が折れて諦めてしまいそうだが、このような振り出しに戻るシュチエーションはしょっちゅうなので、10年間が遡ってもいつもの感覚でいられるのは良いことなのか悪いことなのか。。。

しかし、今回の振り出しに戻る事で肘の有り難さが身をもって感じ取る事が出来た。

肘の存在は大変有り難いという事。

例えば、肘の関節がなければ生活は大変不便な事になり、動作は一変するでしょう。

今、目の前にあるビールグラスを取る事はできても、肘が曲がらなければ口に運ぶ事はできません。

何気なく肘を使ってはいますが、肘が機能する事で人は大変便利に動作する事が出来るのです。

ただ、この便利な事が災いとなると今回学びました。

人類は、不便を強いられた環境から改善を模索し便利な世の中を築き上げてきた歴史があります。

ですから、不便と感じると便利になるように工夫するDNAが働いてしまいます。

それで人類が進化し文明を発展させていたと言えるわけですが、今回肘を使う事(曲げる)で動作が楽にできるようになっていたのです。

便利を享受した今の世の中で失われた物事が有るように、肘を便利に利用し動作させる事で、その他の身体の機能が活性化しなくても動作できてしまう錯覚に陥いるデメリットが生まれる事が自覚できたのです。

自動車が出来て便利な世の中になった反面、歩かない習慣により足腰が弱るデメリットが生まれるように、肘を器用に使う事で体幹の動きがおろそかになった事が挙げられます。

特に上半身の体幹部を操作しなくとも、肩や肘の関節が動く事でパフォーマンスは達成されますが、体幹部は動作しません。

今はやりの体幹トレーニングを行っても、その前に手足の末端にある便利な関節が先に働いてしまうと体幹トレーニングの意味がありません。

身体は動き易いところから動く特性があります、ですから動きにくい体幹部より手足の方が先に動いてしまうのです。

今回気づいた事は、便利で使い易い物事を横において、あえて動きにくい扱いにくい物事にこだわる事でより深い所の身体を動かすことの大切さに気づく事が出来た。

基本動作を行うにあたり、肘を曲げると楽に行う事がで来るのです。

しかし、楽に行うことで本来動いて欲しい部分が動かなくてもでできてしまうトリックに陥ってしまっていた。

肘を曲げてはならないのは、本来働かなくてはならない所が働けるための方便だったのだ。

「稽古(いにしえを考える)」つくづく昔の人は偉大だと思います。

 

基本動作振り出しに戻る

どんな分野でも基本動作というものがあります。

自分の分野での基本動作を日課にして繰り返す。

長年やっていれば、押さえるべきポイント注意するべき動きなど理解できているはずなのに、理解している事と実際の動きがあっていない事があります。

先日、基本動作を行っていると、「肘が曲がっている」と経験年数の長い方から指摘を受けました。

その場面で肘が曲がってはいけないことは、基本中の基本であり頭には強くしみこんでいるにもかかわらず、実際の肘は伸びきれていなかったのです。

自分の中では肘を伸ばしているつもりになっていたのでした。

その時も普通に見れば肘は伸びているように見えるのですが、経験年数の長い方から見れば伸び切れていないと見えたのでしょう。

改めて肘の動きを見てみると、肘は伸びてはいるのだが脇をより締めると腕が「グニュ」っと伸びる感覚があった。

肘を伸ばすとは、ここまでして始めて肘を伸ばした事になるのかと改めて反省し、このように見えないところを指摘してもらえるところが「道場」の良さだと感じました。

自分だけで繰り返し繰り返し稽古していると、徐々に動作がスムーズになっていく実感が感じられますが、この作業に落とし穴があったのです。

稽古や練習は繰り返し繰り返し動きの反覆を行うことで、動きを身体に浸み込ませる作業を行います。

この反覆動作を細かく行えば厳密な動きが可能となり、またいろいろな動きを組み合わせれば複雑な動きも可能となります。

ただし、反覆動作を繰り返すうちに自分の動き易い動きや形を自分で作ってしまうことがあります。

一般的にはこれが当たり前で、解りにくいものを解り易くしたり、やり難いことをやり易くしたりすることは日常普通に行う行為です。

例えば、数学の図形の問題で補助線を引くと理解し易かったり、体操で動きにくい動きを工夫して動き易くすることは普通です。

このように補助を使ったり、自分なりに工夫する事は目的達成の近道と考え易いのですが、そうでない場合もあるように思います。

出来なかったことが出来る様になる時に、自分なりに動き易い動きを自分なりに探し当てその動きを繰り返しにより強化する作業は、我流の動きと云えるのではないでしょうか。

基本動作を行うにしても、我流で行えば基本ではなく自分なりに動き易い動作になるので基本動作とはいえないと思います。

その場面では肘を伸ばすことが「ミソ」となるがやり難い、やり難ければやり易いように動きを変えてしまう。

反覆動作の中にこの様な作業が含まれてしまうと、動作はスムーズになり動き易くなる、そうすると自分が上達したように感じてしまう場合があるのではないでしょうか。

何十年繰り返してきた行いが崩壊する瞬間です。

改めて肘を意識して基本どおりに動いてみると動きにくく、今までにない筋肉のこわばりが現れたり動きがぎこちなくなりました。

基本を基本どおり行うことが難しいとは、この様な事なのかとようやく解った気がした。

 

 

 

柔道が「相手を崩す」であれば、柔術は「相手が崩れる 」の違いがある

古武術の中に柔術が含まれます。

柔術は日本古来の体術であり、柔術の体捌きで武器得物を操ることで各種武術が応用されいろいろな武術の基本になって来たと思われ、また現代柔道ももともと柔術から発展してきた経緯があります。

しかし、現代柔道と柔術では決定的な違いがあります。それは力の使い方であり、長い歴史の中で変化してきたと推測されます。

柔道も柔術も相手に対して技を掛ける前に必ず相手を崩さなければ技にはなりません。

技になる前のこの崩し方の違いが決定的に違います。

柔道の場合は、組み合った状態の力からより力を強める、力を入れる事で相手がその力に耐え切れずに体勢を崩してしまう状況を作り技を掛けます。

ですから、相手を崩す為に強力な力が出れば有利になるので、筋肉を鍛え筋力UPを目指します。

柔術の場合は、できるだけ相手に干渉しないように組みます。そして組んでいる状態よりさらに力を抜く事で相手を崩します。

人は力に影響される前に力の存在を感じ取る事ができ、この感じ取った情報を元に対応を行います。

相手に干渉しないという事は、相手に力を掛けない、加えないという事であり、これは相手がこちらの力を頼りにこちらの情報を読み取ろうとさせない為です。

力を手がかりにこちらの情報を与えてしまうとその情報に対して相手は対応する事ができてしまいますので自分が有利になるためには、相手にこちらの情報を与えない様にする事が重要なのです。

そして干渉のないように体を捌く事で相手を崩すのですが、この体の捌きが力が抜けた状態といえますが、ただ力を入れるに対して力を抜くというような単純な感じでは無い様に思えます。

「捌く」とは、バラバラにする事やゴタゴタした物事きちんと処理する事とすれば、身体のそれぞれのパーツが整然と並び替わる様子を伺い知ることが出来ます。

並び替えのポイントとして一気に同時に並び替えてしまう事なのです。

身体のパーツをそれぞれ別々の動きとして並び替えていると動きが相手にも認識できるので、相手を崩すどころか動きを止められてしまいますが、身体のパーツがそれぞれの動く距離や時間は、ばらばらだが一気にそれぞれが始まって同時に終われば、身体のどのパーツがどのように動いたのか、相手が混乱してしまう様な動き方をすれば、特別強い力でなくとも身体のパーツを相手に止められずに動かすことが可能です。

そして、動きを止められないままに相手が力に対して対処出来きず自らが崩れた形となります。

これらのような柔道と柔術の力の使い方の違いあるように思います。

手の作業を手で行わない居合術

古武術の中に居合術があります。

居合のシュチエーションは、相手が今まさに上段から斬り付けようとする瞬間であって、自分は座して柄(つか)にも手が掛かっていない絶体絶命の場面を想定されています。この不利な状況下で如何に情況を覆し、自分が有利になる事が「術」の本質となります。

この様な場面で瞬発力や早業で速く剣を抜こうとも不利な情況は変わり有りません。

最終的には運動の「質」が換わらなければなりません。

しかし、居合を何十年稽古していてもなかなか質が変わる実感がないのが事実です。

ただそれまでのプロセスとして、まず身体のどこかを動かした時点で斬り付けられる事は目に見えていますので、まず身体を動かさない事を学びます。

といってじっとしていても何も始まりません。

身体を動かし、使う事で動かさない事を学ぶのです。

例えば鞘に収まっている刀を鞘から出そうとすると、右手で柄を引き抜きぬこうとしますが、そこで右手を使わないで抜刀する身体の使いを稽古します。

右手を使わないように刀を鞘から引き出すために、刀を出すのではなく鞘を後ろに送る「鞘引き」といわれる動作がこれに当たり、鞘を引くことで右手を使わず刀を抜くことが出来るのです。

刀を抜こうが鞘を引こうが、動き方や順序が変わるだけではないかと思われるようですが鞘引きのような体の使い方は一般的な体の使い方とは全く逆の発想と言えます。

一般的な動作は、必ず身体が止まっている状態から動き出すと形の変化や速度の変化が起こり、動く前と動き出した後の形が変わることで動きを見て取ることが出来るので、誰が見ても動きを認識し対応できてしまいます。

鞘引きのような身体の動かし方は、刀自体は動いていないので形や動きの変化が有りません。その代わり刀以外の動きが変化することで結果的に抜刀できていることになります。

稽古法としては初歩の初歩ですが、動きの質を換えていくためには先ずロジックが変わらなければなりません。

同じ次元のレベルの動きを繰り返し練習すれば、そのレベルでは上達するでしょうが「質」を換えるためには、理論や術理等の考え方を多角的に発想し仮説を立て、検証する作業をひたすら繰り返す必要が有ります。

決まった動きをひたすら繰り返し続ける武術の稽古法である「型稽古」は、仮説を検証する実験と同じプロセスように、失敗を繰り返し、ある日何かのきっかけで光明が差す時を待つ必要が有ります。

質の高いものを求めるためには、量をこなすだけではなく、微妙な感覚の違いを感じ取り表現する能力を鍛えなければいけません。

 

体を動かす為には筋力以外に何があるか

体を動かす為には筋肉が収縮しなければ動きようが無いことは当たり前ですが、ほかに方法は無いのでしょうか。

例えば歩く時には脚の筋肉を収縮させて床を蹴り、その反発力で前方に進みます。

しかし、直立の状態から脚の前方の筋肉の緊張を緩めると身体が緩んだ方へ倒れて行きます。

そのまま脚を出さなければ、前方に転倒してしまうので転倒する前にどちらかの脚を緩んだまま、より前方に出せばつっかえになり倒れずに済みます。

これは身体が倒れるから脚を出すと云う、昔飛脚などが行っていた脚の運び方があったようです。

現在の歩行は、後ろに力を加えてその反発力で進む方法ですが、昔は前に倒れるから前に足が出る方法であり全く逆の使い方となります。

体の使い方として力を一旦後ろに向けて加えその反発力で前に出るよりも、初めから前に出たほうが効率が良いように思うのですが、子供の頃からの習慣を変える事は大変です。

このように体を動かす上で 筋力で体を移動させるか、もしくは重心の位置が変化することにより体の移動が可能となる場合も有ります。

筋力優先の今の世の中ではなかなか腑に落ちないかも知れませんが、体の重さというポテンシャルをもっと引き出し、活用できるのではないでしょうか。

重心移動を筋肉の緊張で行わないように力を抜く事で動くことが出来ると効率よく楽に体を動かすことが出来そうです。

ただ、現代人は「体を動かすイコール筋肉を緊張させる」プログラムが出来上がっており、体の力が抜けた時に体が動くプログラムが無いために理解不能になり、フリーズしてしまい余計体が固まってしまいます。

歩く時のように後ろに力を加える事と力が抜けて前に倒れる事は、全く正反対の行為であり、力が抜けたときに動こうとすればプログラムの修正が必要となります。

今までスイッチをONにすれば電気が点いていたことが当たり前だったのに、今からスイッチをOFFにすると電気が点き、ONにすると電気が消えると人は大変混乱するでしょう。

コンピュータならプログラムを書き換えた直後から変換できますが、ヒトの長年の習慣はそう易々と変わってはくれません。

ヒトにとってプログラムの書き換え程大変な作業はないですが「力を抜いた時に体を動かす」、そんなプログラムが身に付けば自分の体の使い方が格段に変わり、人や物に対する影響力も今までとは全く違う次元の出来事が見えて来るのではないでしょうか。