力を抜く身体目指し古武術稽古

脱力したら体は動かない、きちんと体を動かせた時力の存在は無くなる。そんな時力が抜けたといえよう。

ピアノのタッチは鍵盤にもたれない

人の振り見て我が振り直せと言いますが、妻のピアノのタッチを見ていると気づいた事がありました。

鍵盤に指がもたれていること。

肘は手首の位置を保つために上腕で引き上げられているにもかかわらず、指は鍵盤に預けて打鍵している。

変に脱力などするとより指が鍵盤に寄りかかり、余計な力が加わってしまいます。

音を鳴らすための作業とそれ以外の作業が打鍵という作業の中に入り乱れていて、その中でも身体を空間に対して維持することは結構大変です。

だから、何かにもたれかけたり、寄りかかったりすると楽になるのです。

混み合う電車で立っている時、居眠りをして隣の人に寄りかかった経験はないでしょうか?

もたれかかると楽ですよね!

でも、もたれかけられた人は迷惑ですよね。そして、もたれかけられた分、より力を入れて身体を支えなければならなくなります。

もたれると言う行為は、余計な力が生じるのです。

それも自分の身体の外側で、だから自分で気づきにくいのです。

自分がピアノの鍵盤にもたれかかって鍵盤を押しているとは思いもよらないと思います。

ピアノの音は鳴っていないから押していない。

それはそうでしょうが、寄りかかりもたれることでピアノには力が加わっていることになります。

武術の稽古を行っているとつい、相手にもたれかかってしまうことがあります。

そうすると、自分の身体を相手に預けていることになり自分は自分の身体を支えなくても良いので楽なのです。

しかしそれは、相手を押していることになり、それに対して相手は押し返そうと反応してしまいます。

もたれられると人は力を入れて身体を固めて対応します。ピアノも同じように硬く反応するに違いありません。物理現象の作用反作用のように。

例えば、体重計に乗った状態で手を壁などに触れると体重が軽くなるように、自分は壁にもたれかけ体重を壁に預けているなど考えも及びませんが、身体の重みを壁に寄りかかることで脚にかかる重さが分散され脚に掛かる重さが軽くなります。

脚にかかる身体の重みが、もたれることで力がそちらの手の方にに逃げて体重が軽くなります。

指がピアノの鍵盤にもたれかけることで、身体の重みが鍵盤を押えていることになります。言い換えると力を入れてピアノの鍵盤を押えていることになるのです。

もたれるとは、自分が力をいてていなくても力が入った状態になっているのです。

なかなか、納得できないでしょうね。

自分は力なんか入れていないのに、力が入っていると言われてもピンとこないでしょう。

自分が力を入れているのではなく、力の入った状態になっていることが問題です。

力を抜くとか、脱力するとかの問題ではありません。

いくら脱力しても力の入った状態をなくさなければ、力が抜けた状態にはならないのです。

特にグランドピアノのタッチはデリケートになると察します。

少しでも指が鍵盤にもたれてしまえば、力みが生じ動きの邪魔になってしまうでしょう。ピアノを弾いたことのない素人が知ったかぶりのことを書いていますが、以前横山幸雄氏の手首の運びを真横から見る機会があり大変参考になったことがあったのです。

武術の極意を横山氏は表現されていました。

まさかピアノの演奏で武術の極意に気づくとは思ってもいなかったのでとても衝撃的な思い出となったのです。

楽器演奏や舞踊などの芸術は、武術と同じく力を使わないことが必須条件だと思うので求めているものは同じになるはずです。

力を使うスポーツは違うと思います。

ですから、芸術、武術はスポーツの感覚では成立しないように思います。

いかんせん、現代は力を入れて動くスポーツ的感覚が常識となる世の中では理解しにくいことは当然です。

人やピアノの鍵盤にもたれかかる感覚は、身体に力が入っているとわからなくなります。

力を抜くことで気づかなかった世界が一気に広がる瞬間が現れます。

 

 

ピアノを弾くと二の腕が痛くなる位置関係

妻は月曜日決まって二の腕が痛くなります。日曜日にピアノの練習をしたからと本人は言いますが、そんなにしているようには見えませんが。。。

いつか妻にこんな風にピアノを弾いていると分かり易くデフォルメして真似たところ、全く聞き入れませんでした。本人は全く心当たりがないからでしょうね。

肘を外側に張って弾いていたのです。

実際の肘の位置は外側に張ることなくストンと落ちていて、力んでいる様ではないのですが、鍵盤を叩く指の位置と肘の位置が合っていないので、上腕外側で肘を上に引き上げて指と肘の間隔をキープしてる様に見えたのです。

ピアノの演奏に関係なくそんなことを30分もすれば、誰でも腕が張ってきます。

武術の稽古でもその位置関係が実感できるまで結構な時間がかかります。

決まった手順で決まった動きを繰り返す型稽古を続けていると、見た目は同じでも働き(機能)の有無が現れます。

その現れは、相手の反応に現れます。

自分は型通り動いているつもりでいても、相手には違う状況で伝わることがよくあります。それは、本来動くべき動きとその動きを行うために補助する動きが混在することが多々あります。

型稽古を行うとは、本来動くべき動き方ができれば良いのです。

型は本来の動きが出来れば、相手は崩れる様にプログラムされているのです。

自分は型通り動いているつもりでも、相手が崩れる反応を示さないのは型以外の余計な動きが含まれるため、相手には本来の動きが伝わらないのでプログラムが実行されません。

型稽古の大本は、型が要求する動きを忠実に再現することなのですが、それができません。

出来ないから、できる様に自分なりに工夫をしてできる様に努力します。

しかし、その努力の仕方が問題です。

その努力が、本来の動き以外の補助的な動きが加わるため、余計に型が要求する動きではなくなってしまうのです。

その判定を相手の反応で評価します。

稽古は、補助的な動きを排除し本来の動きに近づける作業を行います。

言い換えますと、動きを削除する事で本来の動きに近づける。

極限まで削除された動きは、動かなくとも働き(機能)が現れてきます。

そんな形、位置関係、構え、はすでに技に術になる様にセッティングする事が稽古の目的です。

機能を高めるためにどんどん動きを加えていく現代の運動学とは全く発想が違います。

本来の形、構えが出来ていれば動かなくても機能する。それが昔の発想です。

。。。。でも、指を動かさなければピアノは鳴ってくれませんよね。

そこは、ピアノの技術でしょう。

でもその前に、ピアノを弾く以前にピアノを弾く構えなるものがあるのではないでしょうか。

武術でも構えが技を助けると言われてきました。そしてその構えが出来た時、力の存在がなくなるのです。

妻の場合でしたら、指と肘の形が出来れば二の腕は痛めることもなくピアノを奏でる事ができるのでしょう。100年後ぐらいに。

 

 

 

舞踊と武術の目指す美しい速い動き

武術入門間なしの頃、師から地唄舞の竹原はん氏の舞の動きが速いと話されているのを聞き、当時氏の舞を見たかったのですが、今のようにネットもなく動きを観る機会は有りませんでした。がしかし、何気なく検索ワードに入れてみたところ、なんと動画がアップされているではありませんか。

師が賞した竹原はんの舞を20年越しに観ることになり、なんと良き時代になったのかと感慨深い思いに浸っていました。

淀みのない滔々とした動きは素晴らしく、腰を落とした低い姿は大変美しいく感じられました。

その中に隠された動きの速さは、きっと20年前に氏の映像を見ても、見る目は養われてはいなかったので、当時見ても理解できなかったでしょう。

しかし、今見る事でおぼろげに何が速いかを理解した気分になったのです。

動かないことが一番速いとする武術の本質が表現されており、師はそのことを話されていたのであろうと。

身体の各パーツが完全に静止した状態で、各パーツが統一された制御の中で、それぞれのパーツが独自の動きを同じ間で行う。

同時並列とでも言うのでしょうか。

空間上に身体を一定に維持するだけでも大変なのに(普通身体は揺らぎますので)それを制御しながら、五体の動く間を一致させることで動きがどんどん削除されていき、身体全体の動きがどんどん単純化されている様に見えるのです。

純化された動きは、最終的に動いていない様に動くことができるはずです。

竹原はん氏は、女性の美しさを追求されていたのでしょうが、その動きが武術の極意につながるとは思ってもいなかったでしょう。

美しさ、速さ、舞の極意、武術の極意結局同じところに行き着く様な気もします。

動いていない動きが、表現力を高めまた機能を備える事も共通します。

身体を最大限使って最小限の動きで舞っていると、身体以外の雪やら枕が表現される。それは、動きを足していくのではなく動きを引いていく事で、身体以外のモノが表現されると理解します。

武術の動きも力を抜くことで、力が存在しない本質的な形が表現され、その形は一見変哲なくとも機能だけが存在する形が出来上がります。

老名人が剣をヒョイと振る一振りに技が凝縮されている事は、見る人が見ないとわかりません。

竹原はん氏の50歳、70歳、90歳の時の映像を見てさらに驚いたことに、どんどん動きが速くなり進化しているように見受けられるのです。

50歳の頃の舞は、人間の女性らしさが表現されたところが美しく表現されている様にお見受けしました。

70歳の頃の舞は、普通の女性ではない感じです。

人間の女性の進化系を見ている様な、ある意味近い将来現れるであろう人型アンドロイドを見ているよな感じすらします。

あまりにも精密な動きすぎて(揺らぎさえ消えて)、ヒトの動きから逸脱した様にも見えます。

90歳の舞は、究極の進化形です。

ところどころ動きが消えています。

動かない動きの先には、動き自体が消えて無くなります。

しかし、機能や働き、意味など目には見えないものが現れ残るのでしょう。

本当に技の世界は果てしないと改めて感じた次第です。

 

 

ピアノ演奏者の手首の重要性は居合術と一緒

この度楽しみにしていたショパンコンクールが一年延期となった。

妻の一押し牛田智大さんの活躍を期待していたのに大変残念です。

ショパンコンクールといえば、往年の横山幸雄さん が思い出され、以前手元が良く見える席から氏の手首を見たとき大変参考になった思い出がありました。

全くぶれない氏の手首は、空間に止まって見えているにもかかわらず、複雑な身体の動きの中に包括されていた。

ピアノにかかわらず、人が道具となる物をコントロールするためには人と物とを結ぶ接点は手首であり、この有り様如何で道具が生きるか死ぬかが決定されるといっても言い過ぎではないと思う。

武術における、剣術や居合術など武器となる道具を扱うために、いの一番に手首の操作を学ぶのです。

それは一番基本となるからなのですが、基本の概念が昔と今では全く逆転してしまっているので、現代人にはピンとこないでしょう。

現代人の基本に対する概念は、礎となる大切なモノが最初にありそれを先ずマスターし、そこからステップアップして高度な技術を手に入れいく感覚ではないでしょうか。

だから、最初の基本がきちんとできていないと後が続かないという感じ。

いにしえの基本となる概念は、礎となる大切なモノがイコール極意になります。

ですから、いきなり頂点から学び始めます。

21年前、師から初めて手渡された直伝の技が「極意」だなんて知る由もなく、わけもわからずほぼ毎日続けているうちにようやく気付いたところです。

そんな難しいことをしようとしているのか。

だから、極意なのでしょう。

だから、時間を無駄なく使うために初めから学び始める、後々などといった悠長なことを言っている暇がないほど早々に学ばなければ、人生が終わってしまうぐらい大変なことなのでした。

その極意の中に手首の働きは、大きなウェイトを占める要因となるのです。

基本イコール極意。

手首の働き、これはいくら眺めていても見えては来ません。

それは手首に着目するのではなく、働きに焦点を当てなければ先には進みません。

しかし、目には見えない働きを自覚するためにはするべき事があります。

現代風であれば、客観的に捉え誰にでもわかるような形にしなければなりませんが、武術にしても芸術にしても「術」と名のついているものはその必要はないのです。

なぜなら、「術」は人には理解できない技、人智を超えた技だから。

理解不能だが人には伝わる、影響する。それが術の本質です。

ただ、人に理解されなくとも自分の中では確固たるものを作り上げなくてはなりません。それが、術なのか自分よがりの産物なのかの判断が非常に難しくはありますが。

答えは、人に影響を及ぼしているか否かで判断できるのでしょう。

そんな影響力のある手首の働きを早く表現してみたいものです。

とはいえ、いろいろ試行錯誤しているうちに手首をある角度にすると痛みが発していることに気づき、方向性がズレている判断材料にする日々は続きます。

それでも少しずつ薄皮を剥がすように動きに修正を繰り返し、20年過ぎればちょっとは変わったかなと思えるように稽古を積み重ねるしかありません。

ピアノで手首を痛めたり、腱鞘炎になったり果ては意にしない動きが発動されたりされなかったりトラブルはいろいろあると思います。

それは、たまたま神様が罰を与えたのではなく、まだまだ改良の余地がある知らせと取り、自分の知らない自分を探し出すきっかけと考えれば、まだすべきことはあるはずです。

自分の身体は自分の意のままに動くと考える事は一見当たり前のようですが、ちょっと稽古をしている人ならば、そんな事はありえないと言うでしょう。

そんな事があり得たら、皆んな名人になってしまいまいます。

自分の身体は自分の意に沿ってはくれません。

 名人になる人は、そこを超えてきた人。(現代の有名人とは違います)

 

今言える手首の働きは、身体全体の動きの中に手首の動きが包括され手首の存在がなくなること。しかし働きは存在する。

そんな働きのある動きと身体で創られた働きが100%道具に伝わる形。

100%なんです。

95%ではダメなのです。

95%では術にはならず100%になって初めて術になる。

100%だから術。

その術の中には力の存在は有りません。

 

ウィルスや経済危機を乗り越える一番大切な条件は、健康でいることでしょう。 

非常時は今も続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。

先ほどベルリンフィルコンサートマスター樫本大進さんのインタビューを拝見し改めて思うことがありました。

音楽よりも大切なものそれは自分の健康、家族の健康である。

そしてその上に必要不可欠な音楽があると、そのような事を話されていました。

この機会に改めて健康について考えなければと。

「体調が悪くなれば病院に行く」当たり前のことですが、当たり前すぎて自分の体調は自分で管理せず悪くなれば病院任せ、お医者さんがなんとかしてくれると病院に丸投げする安易に考える思考回路が出来上がっていたかもしれません。

そしてこの機会に今までより一歩踏み込んで健康を考える機会にしたいものです。

体調が悪くなれば病院に行く必要はありますが、その前に体調が悪くならないようにもう少し健康的な生活を心がけたいものです。

健康を脅かすものはウィルスをはじめ世の中にいっぱいあります。

それらに対して全て個人で対応する事は不可能ですが、健康を維持するために自分で出来る事はもっとあるはずです。  

ウィルスや経済危機を乗り越える一番大切な条件は、健康でいることでしょう。